サイトメニュー

美容医療で新しい自分に

注射を打つ

注射だけの新しい美容整形術

美容整形術にはいくつか種類がありますが、中でもボトックス注射治療は新しい治療方法ですが人気も高く注目されています。美容整形術は悩みやコンプレックスを解消できますが、ダウンタイムという炎症や腫れが起こる期間があります。またメスで切開したりする手術もあり、受ける事を躊躇される方も多かったのですが、ボトックス注射治療が登場した事によりそれらを気にせず希望する自分を得られる様になりました。ボトックス注射治療ではその名の通り注射するだけの治療内容になります。注入する薬剤はボツリヌストキシンと言う天然のたんぱく質なので、副作用もほとんどありません。メスを用いる事もないので傷跡は残らず、施術後も炎症や腫れもほとんどありません。何より施術を受けてもすぐに普段通りの生活を送れる事が他の施術方法とは異なります。ボトックス注射治療は施術後すぐに効果を実感する事はありません。徐々に効果が現れ、1ヶ月程で安定してきます。1か月程かけて効果が現れるので、周囲の方に美容整形を受けた事が分かり難く、自然な形で望む自分の姿を得られます。
ボトックス注射治療は顔のしわ改善に効果的と多くの方に知られていますが、それ以外の美容効果もあります。筋肉が原因で起こる美容の悩みを解消する事が可能であり、脚の筋肉太りやエラの張りを解消する事ができます。ダイエットで痩せてきても顔の大きさが変わらない事があります。原因の1つにエラの張りがあり、その為に顔が平べったく見えてしまうからです。エラが張る要因には骨もありますが、咬筋が発達している場合もあり、その際はボトックス注射治療が効果的です。咬筋を小さくする事は非常に難しく、その理由は食事等で必ず日常的に使うからです。ボトックスの薬剤であるボツリヌストキシンは筋肉に働きかける神経に作用して、その部位の筋肉を小さくする事ができます。使用を抑えられた筋肉は徐々に小さくなっていくのを利用した美容整形術と言えます。その効果を活用し、脚の筋肉太りも解消する事ができます。この様に筋肉が発達している事で起こる様々な美容上の悩みを、ボツリヌストキシンは解消する事ができます。

Copyright© 2019 しわ取りや多汗症治療や小顔にふくらはぎを細くする All Rights Reserved.