サイトメニュー

他の美容整形術とは違う

女性

施術後の注意点や受けるメリットは

ボトックス注射治療は副作用がなくダウンタイムもほとんどない美容整形術です。それでも医療施術なので、施術後は医師の指導を守って生活を送る必要があります。ボトックス注射治療はその名の通り注射だけの施術ですので、出血はほぼありません。しかし受けてから数日は血流を良くする行動や生活習慣は控えないと、注射した針穴から出血する事もあります。血流を良くする行動として飲酒やサウナ、激しい運動が挙げられ医師からも指導されます。ボトックス注射治療はボツリヌストキシンをその部位に注入するので、気になるからとマッサージや刺激を加えすぎる事は禁止されています。マッサージ等をする事で注入した薬剤が広がる事もあり、医師が想定していた効果を得られない結果になりうるからです。効果が現れるのはすぐではなく数週間かかります。効果が出ないといって他のクリニックで再び同部位にボトックス注射治療を依頼する事は避けなければなりません。ボトックスを過剰に注入する事で筋肉が思う様に動かなくなったりします。効果が期待していたより現れない場合は、受けたクリニックに受診し経過を診てもらう事が重要です。経過によってその医師が追加量を決定します。
ボトックス注射治療は、以前はメス等の手術が必要であった美容効果を注射するだけで得られる治療方法です。副作用もなく世界中から安全性が認められている治療ですが、何よりも日常生活に支障をきたさない美容整形術である事が人気の理由です。美容整形術の多くはダウンタイムという施術後の腫れや炎症症状から回復するまでの期間が必要です。その間は施術部位によっては目立つので、他の人の目を気にする事になります。仕事や学校がある方にとって長期間休む事は難しいので受ける際の検討要素にもなっていました。しかしボトックス注射治療は、そのダウンタイムがほとんどないので隠す必要なく施術後翌日から普段通り通勤や通学する事ができます。また効果が現れるのに時間を要し、平均で1か月程掛かって安定していきます。その為周りの人に美容整形を受けた事が分かり難く、ごく自然に痩せたり肌が綺麗になったりした様に見えます。施術後はサウナや飲酒等の控えるべき事はありますが、特に日常生活で支障をきたす様な制限はなく、普段通り生活できる特徴がこの治療にはあります。

Copyright© 2019 しわ取りや多汗症治療や小顔にふくらはぎを細くする All Rights Reserved.